解体用語集

あ行に関する用語

空家条例(あきやじょうれい)

カテゴリ : 法律・届出 50音 :

空家条例とは、地方自治体が制定した空き家問題を解決するための条例です。 「空家対策特別措置法」で国が定めた法律と違い、各自治体の特徴に合わせて「空き家」に対する指定や措置を細かく定めています。2015...

続きを読む
※関連用語⇒解体工事補助金(かいたいこうじほじょきん)

生かし取り(いかしどり)

カテゴリ : 基本用語 50音 :

解体工事において、材料を再利用するため傷をつけずに取り外すことを「生かし取り」といいます。柱や梁といった古材や木製建具、設備関係の機器などで行われる例が多いようです。 再利用を見込んで壊さないよう...

続きを読む
※関連用語⇒真砂土(まさつち・まさど)

足場解体(あしばかいたい)

カテゴリ :  50音 :

工事や施工で使用した足場を解体する作業を「足場解体」と呼びます。建築物や構造物を解体するにあたり、足場を設置することもあります。足場は作業の効率を高め、かつ安全に解体するために欠かせないものです。し...

続きを読む

アカ

カテゴリ : 基本用語 50音 :

アカとは、解体現場では銅のことをさします。 解体工事で出る、鉄、ステンレス、銅、アルミなどはスクラップと呼ばれます。これら金属の廃棄物は、産業廃棄物ではあるものの、再利用が可能な場合が多いため、有...

続きを読む
※関連用語⇒下請(したうけ)

アンカーボルト

カテゴリ : 基本用語 50音 :

アンカーボルトとは、構造物の柱や土台を固定するために基礎コンクリートに埋め込まれたボルトです。 アンカーボルトの材質にはステンレスやナイロン、鉄などがあり、材質ごとに重さや耐久性が異なりますが、柱...

続きを読む
※関連用語⇒手持ち(てもち)

1畳(いちじょう)

カテゴリ : 単位 50音 :

1畳とは畳1枚、もしくは畳1枚分の広さを指す単位のことをいいます。 物件の間取り図上の1畳は1.62平米以上と定められていますが、畳自体の大きさは地域によって若干異なります。 おもに関東エリアで使用され...

続きを読む
※関連用語⇒平米(へいべい)

msds(えむえすでぃーえす)

カテゴリ : 基本用語 50音 :

Material Safety Data Sheetの略で「化学物質等安全データシート」のことを「msds」といいます。Safety Data Sheetの略で「sds」とも呼ばれます。 工事で使用する建材や塗装溶剤などの特定化学物質を含んだ製品...

続きを読む
※関連用語⇒グロス金額(ぐろくきんがく)

打ち放し(うちはなし/うちっぱなし)

カテゴリ : 構造 50音 :

建築用語の打ち放しとは、コンクリート打ち放しを指します。コンクリートを打ったあとに塗装やタイル張りを行わず、型枠を外したそのままの状態で完成とします。 柱や壁、床などに使われる現場打ちコンクリート...

続きを読む
※関連用語⇒盛土(もりど)

打ち継ぎ(うちつぎ)

カテゴリ : 構造 50音 :

打ち継ぎとは、すでに固まったコンクリートに接して新しいコンクリートを打つ工法です。コンクリートを打つ際に、構造上一度に施工できない場所、1階部分と2階部分の境目などが打ち継ぎになります。 打ち継ぎに...

続きを読む
※関連用語⇒平門柱(ひらもんちゅう)

足固め(あしがため)

カテゴリ : 構造 50音 :

足固めとは、基礎づくりに用いられる部材の一つです。寺社仏閣などの伝統的な建築で用いられる石場建足固め構法や独立基礎の強度を上げるために使われるほか、床下で礎石の上の柱と柱を水平につなぐ用途で使われま...

続きを読む
※関連用語⇒切土(きりど)

解体エージェントを使う理由

  • 業界10年のベテランアドバイザーがサポート
  • 丁寧な対応で業者とユーザーのトラブルを防げる
  • 遠隔でも大丈夫!工事完了まで立ち会いなしでも解体可能

フリーダイヤル 0120-684-286 平日 9:00~18:00 無料の解体一括見積もり