湿潤化(しつじゅんか)

構造

湿潤化とは、主にアスベストを含んだ建築物を解体する際、アスベストの飛散を防ぐ目的で行われる工程を言います。アスベストは周辺環境や作業員に及ぼす悪影響が大きく、解体業者には飛散・暴露を防止する対策を取ることが義務付けられています。湿潤化は飛散・暴露防止対策の一つで、アスベストを湿らせ、安全に除去・回収できるようにします。

なお、湿潤化の際は、徐々にゲル状に変化する薬剤の使用が一般的です。薬剤でアスベストを固めることで、周辺環境への飛散を防ぎ、安全に除去や回収作業を進められます。一方、水を使用するケースもありますが、薬剤が浸透しづらい時にのみ使用されます。しかし、水のみではアスベストを湿潤化させづらいため、通常は散水を続けながら取り除いていきます。

解体エージェントを使う理由

  • 業界10年のベテランアドバイザーがサポート
  • 丁寧な対応で業者とユーザーのトラブルを防げる
  • 遠隔でも大丈夫!工事完了まで立ち会いなしでも解体可能

フリーダイヤル 0120-684-286 平日 9:00~18:00 無料の解体一括見積もり