骨材(こつざい)

基本用語

コンクリートやモルタルをつくるために、セメント・水に加えて混ぜられる砂利や砂・砕石などのことを「骨材」といいます。

コンクリートの場合、セメントと水を除いた骨材の割合は体積比で7割程度を占めており、コンクリートの品質や強度に大きく影響する材料といわれています。

骨材は、粒の大きさによって「粗骨材(そこつざい)」「細骨材(さいこつざい)」に分けられます。

その2種類をバランスよく混ぜ合わせることが必要とされ、法規でも基準が規定されています。

解体エージェントを使う理由

  • 業界10年のベテランアドバイザーがサポート
  • 丁寧な対応で業者とユーザーのトラブルを防げる
  • 遠隔でも大丈夫!工事完了まで立ち会いなしでも解体可能

フリーダイヤル 0120-684-286 平日 9:00~18:00 無料の解体一括見積もり