専通(せんつう)

基本用語

専通とは、不動産業界で使われる用語、専用通路の略語です。建築基準法では、建物を建てるためには土地が2m以上道に接している必要があります。また、専用通路は条例で長さと幅が定められています。

敷地の一部のみが道路に接しているL字型の土地形状を旗竿地や袋地、路地状敷地、敷地延長といいますが、そのような土地形状で建物が建つ区画に続く通路を専用通路といいます。

専通に接する区画の解体工事は通路部分が狭く、重機が入れない場合は人力での解体となるため、解体費用が高額になります。

質問に答えるだけで解体費用相場がわかります
解体を検討している建物の種類はなんでしょうか?

解体エージェントを使う理由

  • 業界10年のベテランアドバイザーがサポート
  • 丁寧な対応で業者とユーザーのトラブルを防げる
  • 遠隔でも大丈夫!工事完了まで立ち会いなしでも解体可能

フリーダイヤル 0120-684-286 平日 9:00~18:00 無料の解体一括見積もり