設計監理(せっけいかんり)

基本用語

工事の際に設計者が描いた設計図通りに工事が進んでいるかチェックする業務のことを「設計監理」といいます。

設計管理は、仕様を決めて図面を描く「設計」の作業と、それが工事現場できちんと施工されているか「監理」する作業を合わせた業務を示しています。

設計と監理は連続した業務とされ、設計図面を描いた設計者が工事現場で図面通りにできているか・手抜き工事はないかなど発注者の代理としてチェックする役割があります。

解体工事においても、大規模な建物で足場などについて高度な構造計算が必要となる場合に設計監理を行うケースがあります。

質問に答えるだけで解体費用相場がわかります
解体を検討している建物の種類はなんでしょうか?

解体エージェントを使う理由

  • 業界10年のベテランアドバイザーがサポート
  • 丁寧な対応で業者とユーザーのトラブルを防げる
  • 遠隔でも大丈夫!工事完了まで立ち会いなしでも解体可能

フリーダイヤル 0120-684-286 平日 9:00~18:00 無料の解体一括見積もり