内装解体(ないそうかいたい)

基本用語

テナントが退去したり改装したりする際に内装や設備を撤去する解体工事のことを「内装解体」と呼びます。

テナントを借りた時の状態に戻す原状回復工事や構造物以外を全て解体撤去するスケルトン工事とは異なり、改装時にも内装解体は行われています。このため、退去時・改装時ともに使われる言葉となっています。

内装解体の工事内容はテナントの種類や目的によって大きく変わります。例えば飲食店が退去する場合、内装解体時には壁紙や床などの内装をはじめ、厨房機器やテーブル・チェアなどの家具類や厨房設備の解体・撤去作業が行われます。

一方、オフィスビルのフロアを改装する工事では部分的なパーティションの撤去などにとどまる場合もあります。

このように解体後の用途や現場の状況によっても解体の仕方が異なるため、解体業者に内装解体を依頼する場合は撤去解体する部分をしっかり話し合い、事前に決めておくことが大切です。

工期についてもどの程度かかるのか確認し、状況によってはスケジュールの調整を検討が必要になります。特に退去する際はテナントの明け渡し日に関わるため、余裕をもって工事を依頼することが重要です。

質問に答えるだけで解体費用相場がわかります
解体を検討している建物の種類はなんでしょうか?

解体エージェントを使う理由

  • 業界10年のベテランアドバイザーがサポート
  • 丁寧な対応で業者とユーザーのトラブルを防げる
  • 遠隔でも大丈夫!工事完了まで立ち会いなしでも解体可能

フリーダイヤル 0120-684-286 平日 9:00~18:00 無料の解体一括見積もり