棹(さお)

単位

棹(さお)はタンスや長持などを数える際に使用される単位です。

江戸時代では棹を通し担いで運べる形状の長持ちが主流でした。同時期に普及し始めたタンスにも同様の構造を取り入れられたことが、タンスや長持を棹と数える由来となったそうです。

また、羊羹を数える際にも棹という単位が使用されます。羊羹の場合は棒状の菓子が棹物と呼ばれることに由来しているようです。

質問に答えるだけで解体費用相場がわかります
解体を検討している建物の種類はなんでしょうか?

解体エージェントを使う理由

  • 業界10年のベテランアドバイザーがサポート
  • 丁寧な対応で業者とユーザーのトラブルを防げる
  • 遠隔でも大丈夫!工事完了まで立ち会いなしでも解体可能

フリーダイヤル 0120-684-286 平日 9:00~18:00 無料の解体一括見積もり