建物滅失登記(たてものめっしつとうき)

法律・届出

建物滅失登記とは、建物が滅失したことを登記する手続きを指します。建物の滅失は、火災などによって建物が焼失した場合や、解体した場合が該当します。建物滅失登記を行うことで、該当する建物が登記簿から抹消(閉鎖)されます。

建物滅失登記は手続きが義務化されており、建物が滅失した日より1ヶ月以内に届け出をする必要があります。手続きは建物の所有者本人か、土地家屋調査士が行います。手続きをする場所は、市区町村にある法務局の窓口ですが、郵送による申請も可能です。

もし建物滅失登記の手続きを怠った場合、土地の売却や建て替えができないほか、固定資産税が課税され続けます。届け出は義務化されていることから、10万円以下の過料に処されるおそれもあります。

解体エージェントを使う理由

  • 業界10年のベテランアドバイザーがサポート
  • 丁寧な対応で業者とユーザーのトラブルを防げる
  • 遠隔でも大丈夫!工事完了まで立ち会いなしでも解体可能

フリーダイヤル 0120-684-286 平日 9:00~18:00 無料の解体一括見積もり