切土(きりど)

構造

切土とは、傾斜地を削り取って地面を平らにする技法です。宅地や道路を造成するときなどに用いられ、一般的には盛土よりも地盤が安定しているといわれています。

切土に建てられた住宅は道路との高低差があることが多く、解体するときは重機の搬入に十分な配慮が必要です。重機が使用できない場合は手作業となるため、解体工事の費用が高くなる場合があります。また、決められた特別な区域で切土工事を行う場合は都道府県知事の許可が必要です。

質問に答えるだけで解体費用相場がわかります
解体を検討している建物の種類はなんでしょうか?

解体エージェントを使う理由

  • 業界10年のベテランアドバイザーがサポート
  • 丁寧な対応で業者とユーザーのトラブルを防げる
  • 遠隔でも大丈夫!工事完了まで立ち会いなしでも解体可能

フリーダイヤル 0120-684-286 平日 9:00~18:00 無料の解体一括見積もり